2019年03月05日

池江さんの件に思う

そういえば先日、池江 璃花子さんがご自身の病状をアナウンスされましたね。

私ごときが軽はずみなことは言うべきではないと思いますが、勇気をもってご自身の
言葉で発信されたことで、有用な治療法や特効薬、病院、お医者さんの情報なんかが
バンバン集まって、完治につながればと思います。

昔はどうでも、今の時代決して治らない病気ではないのだから。

発達障害だってしかり。

今はまだ一括りに病気チックなあつかいをされてて、なんとなーく中途半端に人に
言いにくい世の中ではあるけどもだね、近い将来かならずや

「昔はね、発達障害といって病気みたいに言われてたんだよ。その才能(^^♪」

とか言われる時代がくるかもしれない。いや、くる!これあるんじゃない?( *´艸`)

公表する著名人の方もチラホラといらっしゃいますが、そんな風潮を追い風にして、
正しい認識が広まればいいなーと切に願うものです。


<Sponsered Link>



posted by tackn at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

初心忘るべからず

この前、月に一度のお楽しみ、カウンセリングに行ってきました。

お兄ちゃんと弟くんの目覚ましい成長ぶりを、いつも自分事として楽しみに
聴いて下さる先生。毎度のことながら、本当に出会いに感謝です(^^♪

先生曰く、発達障害の子育てマスタークラスのウチら、そして主人公である
お兄ちゃんと弟くんのお話は、お悩み真っ最中のほかの親御さんたちにも
ことあるごとに紹介され、驚きと感動、そして勇気を与えているそうです☆

しかし一方では、想像できうる限り最も悲劇的な結末を迎えてしまわれる
ご家庭も、極まれながらあるとのことで、とても他人ごとではないです。

子どもたちのことを守れているか?その守り方は正しいのか?
叱るばかりで、育てている気になっていないか?
子どもたちの向きたい方向をわかっているか?それをよしとしているか?
一番の関心事はなにか?一緒になって探しているか?楽しんでいるか?
逆に、嫌がることはなにか?主観を押し付けてないか?
子どもたちが自分のことを好きだと、胸を張って言えるか?

初心忘るべからず


<Sponsered Link>



posted by tackn at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

2019年2戦目 光明 

一般的に習い事というのは、より早い年齢で始めたほうが上達スピードも速い
といいますね。

”好きこそものの上手なれ” ”不如楽之者(楽しむものに如かず)”
そんな言葉もありますが、弟くんを見てると、いつも実感させられます(^^♪

今の弟くんは前回書いたように、この先を睨んでのバージョンアップ開始直後。
悪戦苦闘の日々。目先のスコアは求めてない中での、今年2戦目でした。

会場にはyoutubeで何度も見たような、ナショナルクラスの選手の姿ばかりか、
以前に大きな大会で戦ったキッズアーチャーの姿も。当然お互い顔見知り。

時間が迫り、次第に無口になる弟くん。いつも通りの試合の入り方。冷静。

前回同様、最初こそうまく集まりませんでしたが、自己分析⇒すぐに修正。
自己ベストを大きく更新したときの、強い弟くんの姿に近くなってる!
ここらへんはホント子どもらしくないというか、尋常じゃない順応速度。

『発達障害は天賦の才。普通の子に育てちゃもったいない!』
クリニックの先生がよく口にする言葉ですが、まさに!

結局、尻上がりにスコアをたたき出し、今時点にしては上々の結果でした。

さ、また額縁買って帰るか♪


<Sponsered Link>



posted by tackn at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする