2017年07月31日

これって成長?

つい先日、弟くんを練習に送っていった時のこと。

せっかく時間もあるので、最近の集中特訓の成果を見ていこうと思ったら、
練習場所について、車から降りるなり

『じゃ 行ってきます。』

荷物を抱えると、まだ状況がわかってない私を置いてさっさと行ってしまう弟くん。

え?なに?なんでそんなに、素っ気ないの?きみそんなキャラだったっけ?
たまには真剣に射ってるとこ見たいじゃん(ブログのネタにもなるしさあ)

振り向いて小さく手をふると、すぐに姿が見えなくなりました。。。

なんか寂しいような気もしますが、ここ最近のめざましい自立っぷりには、
ちゃんとした理由があるのです。実はしてやったりなのです。

お世話になっている先生から聴いた、その理由は次回また^^


<Sponsered Link>






posted by tackn at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

OKゾーン

庭仕事をしていると、横で見ていたお兄ちゃんが、おそらく次に必要であろう道具を
予想して手渡してくれた。

ほんの些細な、普通ならどうってことない場面だけど、私は『おっ☆!』と思った。

場の流れを読み取って、次の行動につなげるというのは、結構苦手なはず。
けど、自然とそれができた。知らない人は『で?』ってかんじだろうけど、ウチらは
それを見逃さないように気をつけている。ちょっと特別なことなのだ。

今日のそれが、自分の興味の対象だったからなのか、普段のコミュニケーションの
賜物なのか、もしくはその両方だったのかはちょっと判断がつかないけれど。

こんなふうで、ウチらのOKゾーンは結構広く、あちこちに設けられている。
だから日常のいろんな場面で、小さな嬉しいがたくさん見つけられる。

おうちが子どもたちにとって、心から安心できる空間であればいいと思う。


<Sponsered Link>




posted by tackn at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

おじいちゃんの退院

今日、子どもたちの大好きなおじいちゃんが無事に退院しました。

おじいちゃんのことが心配な弟くんは、結局ほとんど毎日お見舞いにいきました。
お兄ちゃんは結局みんなでいった、一度きりになりました。

けどまあ当然、ウチらは別に無理強いもしなければ、二人をくらべたりもしません。
それはウチらが子どもたちができること、苦手なことを理解し始めているからです。

発達障害と一言でいってもいろいろなタイプがありまして、お兄ちゃんの場合は
自分の関心ごとが決まっており、それ以外の興味がないことを、いくら世間一般の
常識だとかいって強要しようとしたところで、本人の負担になるだけなのです。

決しておじいちゃんが心配じゃないわけではなく、興味の対象外である『お見舞い』
という習慣を予定に自ら予定に組み込むことが苦手なわけですね。
だから別に、薄情な人間とかってわけではないんです。

これって親のしつけだとか育て方みたいな後天的なもんではなくって、いわゆる
脳の”クセ”みたいなもんですからね。ただの”クセ”。

我々が正しく理解して、フォローさえすれば何の問題もないと思っています。


<Sponsered Link>




posted by tackn at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする