2017年07月28日

不如楽之者

夏休みの弟くんは大好きなアーチェリー三昧。

大人でもヘトヘトになりそうな密度の高い練習を、小さな体で嬉々としてやってます。

もともとはお兄ちゃんのための体験についていったのが始まり。僕もやるとか
言ってるうちに、あっという間に夢中になってしまった。
とにかく今は、自分の中で遊びより勉強より最優先事項になっているようです。

 大好きだからもっと上手になりたい
⇒だから師匠のアドバイスを素直に実践する
⇒だから早く結果が出始める。上達を実感できる
⇒だから楽しくてしょうがない( *´艸`)大好きが止まらない

と、こんなロジックです。
発達障害の子は、気持ちの表現はちょっと苦手だけど、自分の想いにとにかく正直。
だから、関心ごとをみつけてあげたら、あとは見守り応援するのみ。

ゆくゆくはオリンピックの選手に!とか本人が目指すならとことん応援しますが、
ウチらからは言いません。趣味で終わったって、それはそれでいいんです。

私の周りにも無趣味な大人がけっこうおりますが、こんなに夢中になれることって
果たして一生のうちで、どれぐらいめぐりあえるんでしょうね?貴重ですよね。

子曰、『知之者、不如好之者。好之者、不如楽之者』
『何かについて知識として知っているだけの人は、これを好きな人にはかなわない。
 これを好きなだけの人は、これを楽しんでいる人にはかなわない』

気乗りしないのに、本人のタメだからとおしつけたところで、無駄のようですね。


<Sponsered Link>




posted by tackn at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

週末には

今週末はお休みを利用して、被災した朝倉市へ復興のお手伝いに行く。

という話をしたら、お兄ちゃんが話を聞くやいなやミサンガを編んでくれたんです。
御守りだそうです。嬉しくて、すぐ巻きました^ ^

手先が器用なお兄ちゃんは、小さな子に珍しい折り紙を折ってあげたり、とても
優しい面もあるんです。
それは、自分が意外に傷つきやすい性格を有しているからこその賜物かな?
時に、しょーもないことで弟くんを凹ませたりするけど(◞‸◟)

さておき、ボランティアに参加する目的は、もちろん微力ながら被災地の助けになりたいことが一番だけど、ひそかに、子どもたちにそんな姿を見せ、自分の体験を語ることで、何か感じてほしいと思っている。
だから、極力自分の主観を入れずに話したいんです。

もしかしたら、消防士になりたいとか、青年海外協力隊に入りたいとか言い出すかもしれない。
または、被災しないためには、どこに住むのがいいか自分なりに考えるかもしれない。
このことが彼らの将来にいい影響を与えるきっかけになるかもしれない。

子どもたちにとって、親が語る言葉の影響は、計り知れないものがあると思うから。


<Sponsered Link>




posted by tackn at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

居場所は大事

今日は定時退社の水曜日。
楽しみにしてた暑気払いの日なんですね。
たまにワイワイやってこそ、ゆとりを持って子どもたちと向き合えるのです。

子どもたちは、引き続きおばあちゃん家にお泊り。
我が家が第1の居場所とするなら、彼らにとって第2の居場所。

居場所とは、
①外的要因により傷を負うことがない場所
②自分本来の振る舞いが許される場所
③自分の心に余裕を蓄える場所
ウチらの間ではこんな風にとらえてます。

だから、居場所はたくさん作ってあげたいもんですね。
では、学校は居場所となりえるか?…ウチらの場合、今はNO。

だから、夏休みの今ぐらいゆっくりするのもいいんです。

…ただなあ 風呂はちゃんと入って欲しいなあ。気にならないんだろうなぁ…

<Sponsered Link>




posted by tackn at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする