2017年07月27日

週末には

今週末はお休みを利用して、被災した朝倉市へ復興のお手伝いに行く。

という話をしたら、お兄ちゃんが話を聞くやいなやミサンガを編んでくれたんです。
御守りだそうです。嬉しくて、すぐ巻きました^ ^

手先が器用なお兄ちゃんは、小さな子に珍しい折り紙を折ってあげたり、とても
優しい面もあるんです。
それは、自分が意外に傷つきやすい性格を有しているからこその賜物かな?
時に、しょーもないことで弟くんを凹ませたりするけど(◞‸◟)

さておき、ボランティアに参加する目的は、もちろん微力ながら被災地の助けになりたいことが一番だけど、ひそかに、子どもたちにそんな姿を見せ、自分の体験を語ることで、何か感じてほしいと思っている。
だから、極力自分の主観を入れずに話したいんです。

もしかしたら、消防士になりたいとか、青年海外協力隊に入りたいとか言い出すかもしれない。
または、被災しないためには、どこに住むのがいいか自分なりに考えるかもしれない。
このことが彼らの将来にいい影響を与えるきっかけになるかもしれない。

子どもたちにとって、親が語る言葉の影響は、計り知れないものがあると思うから。


<Sponsered Link>




posted by tackn at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする