2017年08月02日

藤井くん問題

いやー。どうなるんでしょうねえ?天才棋士藤井くんの進学問題。

報道によると、彼本人は棋力が一番伸びるといわれている10代後半の貴重な時間を、
将棋一本にかけたい気持ちもあり、高校進学に対しての迷いがあるが、親御さんは
進学を強く望まれているとか(名古屋大学の附属で中高一貫。勉強も優秀!)

羽生さんはじめ中学生のうちにプロの道を選んだ4人の先達も、みなさん高校進学の
道を選んだとなれば、やはり親御さんとしてはそっちを選択してほしいでしょうね。

まあ親心といってしまえばそうなんでしょうけど、我々親世代は、多少なりとも
学歴社会だなんだという時代を生きてきたわけで、当然進学一択。中卒?なんで?
という価値観が形成されてて、選択の幅をせまくしてる可能性も否めないかな。

もしウチらの子どもたちがこうだったら。子ども自らが自身の将来をこんな年齢で
決めようというのなら。喜んで背中を押してあげたいなあ。
いや 実際直面したら、多少のカットウはあると思うけど。それでもGOだろうな。
だって15歳で自分の将来イメージしてんだよ?うちもこうなってほしいなあ^^

自分の一生をこれにかけたい!みたいなのって、絶対そんなにいくつも出会えない。

だから、どこに可能性があるか、何にドハマリするかわからないから、ウチらは
とにかくいろんなものを試してみる。子どもたちが自分の意志で"これ"と定め
自分の足でアクセルをバンバン踏むのであれば、トコトン応援しようと決めている。
まあ それがいつのことになるかは、今は全くわからないけど・・・。

もしその道が世間一般からすると理解を得難いものであったとしても、周りの
親戚なんかが何か言ってきたりしても、ウチらが守れば別にいいと思っている。

来年の今頃、藤井くんが最年少タイトル目指しているのか、はたまた漢字のドリル
かなんかに時間とられているのか、みんなで注目しましょう( `ー´)ノ


<Sponsered Link>





posted by tackn at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする