2017年08月04日

勇気をもらえる日

明日は月に一度の答えあわせの日。カウンセリングです。
近況報告をし、アドバイスや過去の事例を聴いて軌道修正するところをみつけたり、
楽しみな、発達障害を逆手にとって活躍している人たちの話を聴かせてもらえる日。

しかしまあ、最近は周りを観察する余裕が出てきたからこそ思うんだろうけど、
注意してよく見てると、ここは異才をはなつ子どもたちの宝庫だな。

ギターが大好きで、ジミー・ペイジやクラプトンを上手に弾ける子。
積み木を駆使して、見たこともないような建造物をつくる子。
折り紙の才能を発揮して、ついに個展をひらいちゃった子。
子どもながらにオリンピックを本気で目指すというか、絶対出ると決めてる子。
挫折しかけてたけど、ある日勉強に目覚め、ついに学年トップクラスになった子。
まだまだビックリすることがたくさんある。

実は病院の体裁をとった、才能発掘の養成所かなんかなんじゃないか?マジで。

多分どちらの親御さんも、本気で悩み、苦しみ、苦労された時期があったでしょう。
しかし、ある時期から受け入れ、守り、ともに楽しまれるようになったのでしょう。

病人ぶってもつまらない。探すのをやめなければ、相応しい生き方が絶対見つかる。


<Sponsered Link>





posted by tackn at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする