2017年08月18日

キラキラメール

いいことを思い出したので、ぜひここで共有しておきましょう。

たびたび登場する、お世話になっている先生にベタボメだったネタです。
プロがうなったぐらいだから、効果は期待できますよ☆

発達障害の子どもたちって、メールやLINEでやり取りをしたときに注意が必要。
前後の文脈から行間を読むとか、微妙なニュアンスを読み取るのがとっても苦手。
だから、こちらの意図が伝わりにくく、誤解をうむことが多々ある。

例えばこんなの

子『〇〇くんと遊んできていい?』
親『いいよ』

そんなつもりなくても、ちょっと冷たくされたように感じる子は多いと思う。
『(勝手にいけば)いいよ』みたいに伝わったことが実際にあったからね。

そこで、絵文字ですよ。目で見て直感的に感情を伝わりやすくしてみましょう。

子『〇〇くんと遊んできていい?』
親『いいよ

ね。絶対こっちのほうが気持ちが正確に伝わりますよね。これなら誤解の心配なし。
だから、ウチらもなるべく絵文字を多用するように気をつけてます。

ぜひ皆さまもやってみてください


<Sponsered Link>





posted by tackn at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする