2017年09月18日

今月の答え合わせ

月一度の答え合わせ。カウンセリングにいってきました。

ちょいちょいプチ自慢しているが、発達障害の子の親としてウチらはわりと優等生。
今回初めて聞いたけど、ウチらの第一印象は、『変わるのに時間がかかりそう』と
いうものだったそうな。意外!

最初にここを訪れた親御さんは、ほぼ全員といっていいぐらい、学校の出席日数や
勉強、成績、進路なんかの不安を口にするらしい。ウチらもそこからスタートした。
子どもは学校に行くのが当たり前、勉強するのが仕事って言われてきた世代だしね。
そこから考え方が『変わる』までに至らない親御さんが相当いらっしゃるみたい。

だから、よくわからないままに、ワーワー叱ったり、将来の不安をあおったり、
アメで釣ったり、あの手この手、手練手管でもって登校刺激をしてしまったり…。
けど、子どもが必死でブレーキ踏んでんのに、親が横からアクセル踏んだらダメ。

発達障害の子どもたちもちゃんと彼らなりの信念や想いはもっている。ただ単に、
自分の気持ちを適切に表現するのが苦手だから、それが誤解をうんだりする。
ただ、それだけの話。


<Sponsered Link>




posted by tackn at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする