2017年09月26日

クレームは宝?

自分が必要だと思うことしかやらない。自分が行きたい方向にしかいかない。
そんな発達障害の子どもたちのクセをわかってやれるかどうかで、ものごとがスッと
片付くか、ワチャワチャになってしまうか随分違ってくると思う。

とはいえ、頭ではわかっていても、つい感情的になって叱ってしまったりするもの。
私も以前はガツーンと怒鳴り飛ばしてました。けど、いっこうによくならない。
で、また怒鳴る。その繰り返し。今思えばまったく無駄なことやってたわけです。

結局、子どものためといいながら、何度同じことを注意してもすぐにまたやらかし、
毎度同じことを言わされることに、腹をたててたただけなんですよね。

けどね、子どもがやりたがらない、不快感をあらわにする、文句をいってくる。
これって、なにかが一気にゴロッと変わるヒントにつながることが多々ある。
だから、せっかくのチャンスを叱ることで押さえつけたらもったいない。

ただ自分の気持ちを、適切な言葉で態度で表現するのが苦手なだけなんですから。


<Sponsered Link>




posted by tackn at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする