2017年10月18日

ジェントルマンシップ

そういえば前回少しふれましたが、子どもたちと3人で釣りに行って気づいたこと。

勝手のよくわからない弟くんが戸惑っていると、お兄ちゃんがサッとやってきて、
いろいろと世話をやくんです。トイレの場所までエスコートしてあげたり、よさげな
釣り場を一緒に探したり、針がひっかかって困っていると外してあげたりと。

こんなにジェントルマンシップをもりもり発揮するキャラじゃなかったような…。

デイサービスでも、新しくきた子や年少の子にたいして面倒見がよくて助かるって
先生方から初めて聞いたときは、あんまりピンとこなかったけど、こういうことか。

やっぱりこれも、自分が満たされて余裕があるからこそできる気配りなのでしょう。
最近へんな逆ギレもしなくなったし、へそ曲げてプイッとなっても立ち直るのが
早くなったし、兄弟げんかもあるにはあるけど、目に見えて減ったからね。

まあ 加減がわからないもんで、あまりに世話をやきすぎて逆に弟くんに面倒くさく
思われたり、それがきっかけで険悪な雰囲気になったりもするんですけどね(^^;
微妙なこころの距離感とかって、やっぱりこの子たちには難しいんですね。

子どもたちよ。ジェントルマンへの道は険しいのだよ(^_^;)


<Sponsered Link>





posted by tackn at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする