2017年11月20日

体験主義

今日はお兄ちゃん2度目の木工ゼミの日。

前回、勇気をだして臨んだ初参加の際、周囲の先生、先輩方からほめられたことは、
確実にお兄ちゃんの自信となり、楽しみの一つになってくれていたようです!(^^)!

非常に寒い朝でしたが、スッと起きて準備を済ませて一緒のバスに乗りました。
”月曜朝は一緒に出発” これが私にとっても新しい楽しみになりそうです(^^♪
早速、友だちもできたようで、まずはひと安心かな。

不要なことは見向きもしないけど、必要だと思うことにはトコトン突き進む彼ら。
良かれと思って周りが助言しても、自身が納得しないことには反応しない彼ら。

純粋な体験主義であることを理解し、時が来るまで待つ。これも大事なこと。

<Sponsered Link>





posted by tackn at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

夢中になれるもの

弟くんがアーチェリーを始めて1年経ちました。熱は冷めるどころか増す一方です。

何となく子どもの習い事って、最初は一生懸命やるけどそのうち飽きてきて惰性で
ダラダラ続けて・・・みたいなもんかなと思っておりました。私がそうでした(^^;
友だちがやってるからとか、親が習わせてるとかだったらこうなりやすいのかな。

まだ1年ですし、これからほかのことに目移りしたりすることは十分考えられます。
もちろんウチらも想定しておりますが、一つのことに真摯に夢中になっていく姿は、
大きな勇気をくれますし、何やらよさげな夢を抱かせてくれますね(^^♪

で、家でも好きな時に練習できるように、簡素ですが近射場作っちゃいました。

好きなものに向かってストイックに突き進む発達障害のストロングポイント。
ウチらは黙って見守り、応援するだけ。それが一番の向き合い方だと思います。


<Sponsered Link>





posted by tackn at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ほめて、認めて・・・

昨日、『ほめて、認めて、自信につなげる』ってことを書いてて思い出しました。

今までそこそこの年数を社会人として生きてますが、会社を辞めていく人いますね。
それぞれに家庭の事情や、体調面、仕事があわないといった理由をのべる訳ですが、
ある時、人が仕事を辞めるに至る、本当の理由に気づいたんです。

多分それは、『この場所で自分は大事にされていない』と思うからです。多分よ。

必要とされてない。認められてない。好かれていない。そんなとこだと思うんです。
いい大人がそう簡単に口にできる理由ではないから、みんな本音を言えないんです。

だからウチらは子どもたちの関心事ややることなすことを決して否定せず、全肯定で
応援し、すきあらばほめて、自信とともに成長してもらいたいと願ってます。

ほめて、認めて、自信につなげる。そしたらあとは勝手にモリモリ育つでしょう(^^♪


<Sponsered Link>





posted by tackn at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする