2017年11月21日

コミュニケーション能力

『ぼくコミュニケーション能力は高いですからぁ(^_-)-☆』

最近お兄ちゃんが堂々とこんなセリフを口にするようになりました。
発達障害というと、まず他者とのコミュニケーションが苦手とされておりますが、
本人は全くどこ吹く風といった風情です。

学校に行かなくなってから通い始めたデイサービスで、周りのみんなに認められ、
下級生の面倒を率先してみることができるようになり、先生にも頼りにされ始め、
この度通い始めたフリースクールでも得意な電動工具の扱い方をほめられ、
趣味のあう何人かの友だちも早速でき始めて…って、これが自信のモトでしょう。

周りがどう思おうと、本人が他者とのコミュニケーションが得意!って思ってる
わけですから、これはもう事実なのでしょう。いつもお世話になっている先生に
この話を披露しましたが、大ウケしてましたね!(^^)!

まずは子どもたちが無用な傷を負わないように守り、心を満たす。そうすれば、
確たる自信が持てる何かを、遅かれ早かれ自分で見つけるのかもしれないですね。

『ぼくコミュニケーション能力は高いですからぁ』
そのセリフを言うときのお兄ちゃんは、どこか誇らしげに見えるのです。



<Sponsered Link>





posted by tackn at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする