2017年12月31日

今年の漢字

例年、この時期に発表される清水寺の今年の漢字は『北』に決まりましたね。

曰く、北朝鮮によるミサイル発射や、九州北部豪雨、キタサンブラックの活躍や、
北海道日本ハムの大谷選手メジャー挑戦や清宮選手誕生などが選定理由だそうです。
新年は穏やかで、暗いニュースのない一年であってほしいものですね。

ちなみに子どもたちが選ぶ我が家の今年の漢字は『楽』なのだそうです。
今年は、怒られることもなかったし、いろんな新しいことに挑戦できたり、通い
始めたフリースクールで新しい友だちができたり、楽しい1年だったそうです(^^♪

ウチらとしても、その言葉がほしくて子どもたちに負けじと楽しんだ1年でした。
さあ、2018年は何をやってやろうか。

来年が皆さまにとっても良いお年でありますように。来年もおつきあいください。

IMG_2605[2356].JPG
競技歴1年で掴みとりました。弟くんの努力の結晶グリーンバッジ!


<Sponsered Link>






posted by tackn at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

やっぱり不如楽之者

日曜日の試合会場の、楽しさに満ち溢れた雰囲気については前回も書きましたが、
競技場を運営されている方が、やはり素晴らしい魅力のある方でした。

曰く、何より楽しさを知ってほしくて、全員が楽しめるようにしているとのこと。
子どもたちの数の多さに驚きましたが、そこにはそんな理由があったのです。
楽しくない場所に子どもたちは集まりませんからね。大人と違って正直ですよ。

その方とたくさんお話をさせていただきましたが、こんなことを言われてました。
『楽しさをちゃんと知っている子は、とにかく本番に強いんですよ!』
全国レベルの選手を何人も育ててこられた方の言葉です。説得力あります!

子曰、『知之者、不如好之者。好之者、不如楽之者』
『何かについて知識として知っているだけの人は、これを好きな人にはかなわない。
 これを好きなだけの人は、これを楽しんでいる人にはかなわない』


<Sponsered Link>






posted by tackn at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

夢中になれるものひとつ

昨日は往復600kmの道のりをひた走り、弟くんは大会に臨みました。
けど、それだけ遠くまで出かけるだけの価値がある時間を過ごすことができました。

まず、そこにはたくさんの楽し気な子どもたちの笑顔がありました。
身体的にハンデを抱えた子がいました。現役のインターハイ選手がいました。
知的障害の子がいました。某有名アーチャーがいました。自閉症の子がいました。

みんな心から楽しそうでした。楽しいからこそ多くの子どもたちが集まりました。

自閉症の男の子は、1本の矢を射つまで3年の月日がかかったそうです。
今の夢は国体選手になること。みんなの応援をうけて、とてもいい笑顔でした。

なんでもいい。夢中になれるもの探し。重要な親の務めだと再確認できた一日。


<Sponsered Link>






posted by tackn at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする