2018年03月06日

憂鬱なイベント

今度、ある親戚のお宅に身内一同集まって楽しくやろうという企画がひかえている。
全国のあちこちから久々の集合とあって、楽しみではあった。最初は。

というのも、これを企画した親戚は超がいくつもつくほどのダンドリ屋さん。
何時に集まって、宿泊はどこで、何を食べて、観光はここ、交通手段はどれで・・・
率先して面倒事をやってくれて、ありがたいっちゃありがたいのかもしれない。
けど、そのペースを周りにも押し付けてくるので少々ウンザリする(^^;

対照的に私は、旅行なんかでもカッチリ予定を決めすぎるのが好きではない。
最低限ここに行く、この日に帰るぐらい決めといて、途中フラフラなりゆきまかせで
面白そうなほう、興味のわいたほうに足を向けるのが旅らしくてよほど楽しい。
カッチリ作りこんだ旅程をその通りに消化することに、ちっとも楽しさを感じない。

誰かのペースに、仕事ならまだしも休日の時間を従わされるのなんか単なる苦行だ。

『発達障害の子どもたちにはそれぞれのペースがあって、乱されると失速する』

このフレーズを思い出した。親の価値観を押し付けられるってこんな気持ちかなぁ。
親戚のおじさん、ここ見て改めてくんねえかなあ…


<Sponsered Link>


posted by tackn at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする