2018年05月21日

【続】新年度の変化


さて、一方の弟くん。

相変わらずアーチェリーに遊びに全力投球で、そこらへんは心配してないのですが、
問題なのは学校(^^;

というのも、今度の担任がちょっと教師として、人として???というタイプ。
例えば、具合が悪くて休んだ日に連絡をいれてきて、第一声が『明日の宿題は・・』
ですよ!いや、普通は『大丈夫?』とかなんとかいうんじゃないの?

とにかく妙に宿題重視で、今どき宿題忘れた生徒に昼休みなしでやらせたりとか、
子どもや親からも少々気味悪がられてる雰囲気。

心がないというか、事務的というか、人付き合いできなさそうというか(-_-;)


で、先生が嫌でたまらない弟くんは、今ちょいちょい休んだり、遅刻したりです。

去年までの先生が子供の心を正しく理解してくれる先生だっただけに、この落差…
うちはキチンと『発達障害』のことも話して、スジは通してんだけどね。

ちなみにカウンセリングの先生曰く『相手にせんほうがいいですね』とのこと。

まあウチらも同感で、適当にあしらいつつ、矢面に立つ時は立つからいいけども、
まだ5月と思うと、長い一年になりそうだなぁ…



<Sponsered Link>



posted by tackn at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする