2018年07月31日

Walk don't run

先日、恒例の月一カウンセリングに行った時に、先生から思いがけない言葉が。

いつものように近況報告をしつつ、2人の成長っぷりについて盛り上がっていると、
「お兄ちゃんは近々一旦薬をやめてみましょう。弟くんは量を減らしましょう」
とのこと。

へぇ~。てっきり体重に応じて量を増やしつつ、一生続けるもんだと思ってた。
もしかして、発達障害界の破天荒カウンセラーである先生だからこそなの?
だって、とりあえず薬飲ませとけってのが、ウチらの知ってる一般的な病院よ?
先生側からしても、”やめる””へらす”って多少のリスクを負うってことでは?

多分、家庭なりデイサービスなりの守ってくれる居場所がしっかりとあって、
何か夢中になれるもの、将来への道筋のようなものを見つけつつある子どもには、
薬の補助は必要ないってことなんでしょうね。

てなわけで、今回も盛り上がりすぎて大幅に時間くったもんで、診察室をでると
沢山のお仲間たちが...毎度ゴメンナサイ。

皆さんのカウンセリングもおおいに盛り上がりますように(^^♪


<Sponsered Link>



posted by tackn at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする