2017年08月29日

私ほめられました

月に一度通うカウンセリング。そのたびにこちらで少し内容に触れていますが、実は
ウチら、そこの先生に結構高評価をもらっているんです!(^^)!

で、最近ほかの親御さんを通じて、
『あの家は、とくにお父さんがいいんです!』
と、ベタボメされているということを知りました☆いやー嬉しいな(^^♪

ふふふ。何歳になってもその道のプロと異性の方にほめられるのは特別嬉しい(^^)v
本当のところ、いろんな選択肢を見つけてきたり、子どもたちの前面に出張ってる
のは、むしろ嫁のほうだと私は思ってるんですけどね。

てゆうか、世間一般の発達障害の子を持つお父さん方は、非協力的ってことなのか?
もしくは、頭が固くて柔軟に対応できないとか、現実を受け入れられないとか・・。

私がもし超高学歴の超エグゼクティブだったら、多分嫌なお父さんになってたかも。
自分の成功体験を盾に価値観を押し付けてばかりで、北風ピューピューだな。
”子どものため”って大前提があるから、なかなかややこしいですね。

まあ、そうじゃないから子どもに何も強制しないし、好きなことはまずやらせるし、
自分がダメと思ったらすぐ方向転換できるし、イイと思ったらすぐ真似できるし…

それまでかけた莫大な時間や考え方をスパッと否定するって難しいんだなあ。。。


<Sponsered Link>





posted by tackn at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください