2018年05月13日

新年度の変化

新学期が始まって1か月たちました。

いつものカウンセリングの先生曰く、クラスや学校等の周辺環境が変わるこの時期、
不登校の子どもたちにとって、一歩を踏み出す機会になることが多いのだそうです。
なので、毎年今の時期になると、今年の成果報告を喜び一杯に聴かせてくれます。

ウチらのところでも、今大きな変化が起きております。

まず、お兄ちゃんが学校に行くようになりました。毎日ではありませんが、自分で
受けたい授業を選んで、自分で行く日を決めて、その日はちゃんと登校します。
自分のペースで自らチョイスしているあたり、実に面白いですね(^^♪

今は数学にハマっているようで、デイサービスでも先生に教えてもらいながら、
問題を解いたりしているらしく、塾にも行きたいと言い出しました。
”関心事にしか興味が向かない”彼らですから、この先の展開が楽しみです。

やっぱり自分の気持ちをキチンと伝えるのが苦手なだけで、実は内心、自分の
進路や将来に対しては、人一倍不安があるのかなあとも考えさせられます。
ただ、好きなものを見つけて、そこに向かって言ってくれれば本望かな。

一方、ちょっと面倒なことになってる弟くんについては、また次回(^^;


<Sponsered Link>



posted by tackn at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください