2019年02月26日

初心忘るべからず

この前、月に一度のお楽しみ、カウンセリングに行ってきました。

お兄ちゃんと弟くんの目覚ましい成長ぶりを、いつも自分事として楽しみに
聴いて下さる先生。毎度のことながら、本当に出会いに感謝です(^^♪

先生曰く、発達障害の子育てマスタークラスのウチら、そして主人公である
お兄ちゃんと弟くんのお話は、お悩み真っ最中のほかの親御さんたちにも
ことあるごとに紹介され、驚きと感動、そして勇気を与えているそうです☆

しかし一方では、想像できうる限り最も悲劇的な結末を迎えてしまわれる
ご家庭も、極まれながらあるとのことで、とても他人ごとではないです。

子どもたちのことを守れているか?その守り方は正しいのか?
叱るばかりで、育てている気になっていないか?
子どもたちの向きたい方向をわかっているか?それをよしとしているか?
一番の関心事はなにか?一緒になって探しているか?楽しんでいるか?
逆に、嫌がることはなにか?主観を押し付けてないか?
子どもたちが自分のことを好きだと、胸を張って言えるか?

初心忘るべからず


<Sponsered Link>



posted by tackn at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください