2018年08月07日

猛暑の中の13戦目

『アーチェリー大好き!楽しい!上手になりたい!』

単純明快に充実した毎日を生きている弟くん。今日も試合です。
今日は、この先の競技生活を左右するかもしれない大事な試合。気合も入ります。

実はこのところほぼ毎日のように射場にいっており、飛躍的に上達しているんです。
残業もそこそこで切り上げて、射場へ連れていく甲斐もあろうってもんです。

もう毎度のことですが、今日も会場はアウェイの雰囲気です。ウチらがいるだけで、
いつもの練習仲間に師匠やなんかはおりません。弟くんひとりの戦いです。

ですが、今日はなんと念願だった同世代の競技仲間ができたみたいなんです。
やはり同じ年頃のお友だちと言葉を交わしながらリラックスして競技にはいれると
結果もイイ(^^♪いつもの試合中の職人フェイスと違って実に子供らしい笑顔!(^^)!

スコアも大事だけど、もっと単純に『楽しい!』を腹一杯味わってくれるといいな。


<Sponsered Link>



posted by tackn at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

Walk don't run~続き

昨日、ここで少しふれましたが、ウチらの恩人といっても過言じゃない例の先生。

”発達障害=無限の才能!楽しみながら大事に育てて!”といった、かなり独自の
見解をもってらっしゃるおかげか、業界では極少数派のマイノリティだそうです。

だから先生に共鳴し、ずっと通い続けられる人たちって30%ぐらいだそうです。
わが子のためにと、わらをもつかむ思いで運よくたどり着いたのに30%。
大半の人たちはどこへ行くんでしょう?

なんとかして学校へ行くよう言い含めてくれたり、親のあーしたいこーしたいに
賛同してくれ、親に対して厳しいことを言ったりしない偉い先生を探すのかな。
誰しも長年凝り固まった考え方を捨てて、ゴロッとかえるって容易じゃない。

「学校に行かないんです」「無理に行かせる必要ありますか!?」
「ゲームばっかりしてます」「誰かに迷惑かけてますか!?」

ウチらも2年とちょっと前にここからスタートしたからね。今と考え方ま反対。
誰だって変わる。変われる。ウチらにもできた。知ったからできた。

親の立場でなく、子どもたちの側に寄り添ってくれるのがいい先生だと思う。


<Sponsered Link>



posted by tackn at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

Walk don't run

先日、恒例の月一カウンセリングに行った時に、先生から思いがけない言葉が。

いつものように近況報告をしつつ、2人の成長っぷりについて盛り上がっていると、
「お兄ちゃんは近々一旦薬をやめてみましょう。弟くんは量を減らしましょう」
とのこと。

へぇ~。てっきり体重に応じて量を増やしつつ、一生続けるもんだと思ってた。
もしかして、発達障害界の破天荒カウンセラーである先生だからこそなの?
だって、とりあえず薬飲ませとけってのが、ウチらの知ってる一般的な病院よ?
先生側からしても、”やめる””へらす”って多少のリスクを負うってことでは?

多分、家庭なりデイサービスなりの守ってくれる居場所がしっかりとあって、
何か夢中になれるもの、将来への道筋のようなものを見つけつつある子どもには、
薬の補助は必要ないってことなんでしょうね。

てなわけで、今回も盛り上がりすぎて大幅に時間くったもんで、診察室をでると
沢山のお仲間たちが...毎度ゴメンナサイ。

皆さんのカウンセリングもおおいに盛り上がりますように(^^♪


<Sponsered Link>



posted by tackn at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする